helping small & medium businesses grow

SYS  STORE  TECHNOLOGY

繁體中文 | 日本語

 SOLUTIONS
SyS Storeは業種に対してそれぞれに合わせるソリューションを提供します。自主開発システムと特定業種のノウハウを結びつき、お互いの支援の下にe化を完成させます。
携帯電話販売業

通信産業は既にスマートフォンの時代に入っています。企業e化の目的は 、販売店でセールスとメンテナンスの問題を如何に解決することです。販 売された携帯電話にはそれぞれ異なる通話料金プランを搭載される可能性 があるので、シリアナンバーの管理が重要となります。もう少しSyS Store のソリューションを知りたいですか。

                                                             

 

SyS Storeは卸売業者のディーラーサービスの強化を支援し、卸売業者と主 要なディーラーとの長期的パートナー関係を強化します。入荷・販売・在 庫など電子化管理システムを導入することによって、各々のディーラーと の作業プロセスを標準化させます。もう少しSyS Storeのソリューションを 知りたいですか。

 

 

美容産業

美容産業がシステム導入のポイントは、効率よく美容コースを管理するこ とです。顧客が入会してからの会員管理や、コース予約・利用、会計、利 用後のアンケート調査など全てe化する必要があります。システムから収 集した情報を通してレポートを作り出し、実際に改善すべきプロセスを分 析して、顧客満足度を向上させます。もう少しSyS Storeのソリューション を知りたいですか。                                                                                      

Download >>>                                                                                                                                                                           

 

介護サービス事業

介護事業の主なサービス対象は住民です。介護対象の住民の情報収集はe 化する際に最も複雑な部分です。政府機関の評価基準や法規に応じる介護 照合資料を作成する前に、まずは大量な介護資料の入力問題をクリアしな ければいけません。如何にシステム的に資料収集するのはe化の成敗のポ イントとなります。もう少しSyS Store のソリューションを知りたいです か。                                                           

 

卸売業
ブティック・小売業
ゴルフ場

SyS Storeは小売業者の顧客と会員を管理する顧客関係を支援し、特に会員 管理と会員の前払い代金に対して会員向けプリペイド料金管理システムを 開発しました。プリペイド式の特恵サービスを通して顧客の企業への忠実 度を向上させます。もう少しSyS Store のソリューションを知りたいです か。

 

                                                                               

従来のシステムと異なり、SyS Storeは消費記録の補助として非接触式RFID を採用し、消費データをコンピュータによって速やかにRFIDのチップに書 き込みます。決済する時、消費記録がRFIDから自動的に読み出して、迅速 かつ確実にシステム照合を行えるので、決済時の長い行列になることを避 けられます。一方、RFIDの耐水性や再利用性が優れるため、ゴルフ場のロ ビーとレジをはじめ、売店や、レストラン、練習場、ロッカーなど施設に も使えます。もう少しSyS Storeのソリューションを知りたいですか。                                                                                         

Download >>>

ICT業者の核心価値はソリューションの提供です。しかし、一つの トータルソリューションの出来上りは時間が掛かって色々な経験を 積む必要があります。それは違う業種によって、それぞれ異なる管 理重点を持っているからです。

 

SyS Storeが自主開発したコアシステムを用い、多くの業種のe化 を成功させたのは、一つ一つの業種のシステム導入を通して、実務 経験を積み上げ、コア技術をより一歩進化させるほか、運用性もさ らに向上できるのです。